南相馬にゃんこはうす日和

アクセスカウンタ

zoom RSS 3月31日〜4月1日レスキュー@

<<   作成日時 : 2013/04/03 21:31   >>

ガッツ(がんばれ!) ブログ気持玉 4 / トラックバック 0 / コメント 0

今週は区域再編や、立ち入り方法の変更があるということで、レスキューの予定はありませんでした。
でも、どうしても気になることがあって・・・

にゃんこはうすへ。
先週見かけた、黒い猫。
みるからに状態の悪そうなあの子が気になって・・・

ありこさんに無理を言って、徒歩でその場所へ向かいました。

画像

この子を保護したい。
小柄で、体に不自然に毛が抜けた痕跡がある。
疥癬かもしれない。

画像で見る限り、未去勢の男の子に見えました。
もしかすると、野生動物に襲われた傷跡かもしれません。

画像

周辺に残されていた足跡は・・・
明らかに猫ではないものもありました。
犬でもない。
良く似た足跡を検索してみると、ハクビシンという動物のものに良く似ています。

捕獲器と必要なものを抱えて、歩く道。
画像

がれきの上には草が生えて、枯れて・・・
すべてをおおいつくしているみたい。

みぞれ混じりの冷たい雨が降っていて、猫が行動するかどうかは分かりませんでした。
きっと、猫も寒いのは嫌でしょうから・・・

でも、給餌場所に着くと。
画像

住人の方が片づけたゴミが荒らされていて、小麦粉が散らばっていました。

祈るような気持ちで、捕獲器をかけました。
いったん戻って、時間をおいて確認しに行きます。

画像

帰り道。
流された橋の橋げたにシラサギ。

野生の鳥たちは震災前よりも増えているように見えます。
人がいないせいか、道端にはキジや野鳥の姿が見えます。

夕方。
暗くなった道を急ぎ足で歩いていくと・・・
捕獲器の中に黒猫の姿が!
画像

 
でも、あの子ではありませんでした。
鼻のあたりの皮膚がカサカサしていて、小さい女の子。
おびえてはいるけれど、威嚇もしないかわいらしい子。

念のためにと確認したお腹は、明らかに授乳中のお母さん。

子猫のためにもリリースするしかない。
頭では分かっていても、気持ちがついていきません。

せっかく出会えたのに。
次にはもう捕獲器を警戒してかからないかもしれない。

簡単に通える場所ではない。

でも、この子をこのまま保護したら子猫が死んでしまう。

悲しいというよりも苦しくて、言葉が出ませんでした。
捕獲器の中のこの子を見つめたまま、しばらくそうしていました。


今までにゃんこはうすのレスキュー班が保護してきた多くの猫たち。
なかには、授乳中だからとリリースして、それから子猫と共に保護できた子もいます。

どんな気持ちでリリースしたのか。
つらいだろうな・・・と想像はしていたけれど、体験してみないと分からない。

画像


季節は変わって、名も知らぬきれいな花々が咲いています。


この子を保護したお庭には真っ赤な椿が咲いていました。



再会できますようにと・・・
ありこさんが名前を付けてくれました。

椿ちゃん。

名前を付けた子とはきっと、再会できる。
冷たい雨が降っていたけれど、捕獲器の扉を開けると、椿ちゃんの姿はあっという間に見えなくなりました。


またきっと、会えますように。
元気な姿が見られますように・・・





テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 4
ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
3月31日〜4月1日レスキュー@ 南相馬にゃんこはうす日和/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる